幸福ロケット

幸福ロケット

せつなーーーい!凄く凄く甘酸っぱかった。自分の小学生の頃を思い出してドキドキした。最後の「走る走る走る」に自分まで駆け抜けてるような気がして通勤電車が地元の駅についたとき、なんだか置いてかれたような気分になった。ああ、恋っていいね。

砂時計 スタンダード・エディション [DVD]

砂時計 スタンダード・エディション [DVD]

少女マンガ原作の割りにしっかりした映画だった。松下さん、悪くは無かったけど夏帆ちゃんのシーンの方がやっぱり良かったなぁ。
ダイブ!! 特別版 [DVD]

ダイブ!! 特別版 [DVD]

砂時計でも出演してる準主役の男の子、子供のくせに演技が完成してる。かなりの大人演技。将来有望だわ。

その街の今は

その街の今は

ほんまにそんなこと言うんや
あほや
見せてあげたいよな、この状態を
言うてはないけど、思ってるよなあ
なにを?
さっきのあほみたいな男みたいなこと。あの人はわたしがおらなあかん、みたいなさ。人が言うてんの聞いたら、ほんま、あほちゃうかと思うのに
わたしも、思われるよりは思うほうやね。どうなったら、思われるわけ?守ってやる、みたいな
えー、気持ち悪いわ
言葉にしたらそうやけど
・・・あほなやつでもいいから、言われる方を経験してみたい。おれがおらんとあかんねん、とか
歌ちゃん、実際そういう人はうっとうしくなるくせに
なんか、かなしい

12星座の恋物語

12星座の恋物語

もし今度だれかと交際することがあるとしたら、秩序を壊さない人がいい。午前一時前にはおやすみと言い合って眠れる人。朝には一緒に野菜ジュースを飲める人。同じ電車で会社にいって、映画を見る予定の日は映画を見て、遅くまで飲むのは金曜日と決められる人。そういう人とつきあいはじめたら、私はもう、合コンなんてあんなに疲れるものにはいかないんだ。アネゴ的役割はもう放棄するんだ。刺繍と、数字と、習慣の、心地よいものばかりに囲まれて暮らすんだ。

当たりすぎてて怖かった。角田さんの観察眼というか、イタコ的なまでな描写力が凄い。

一人の生活が楽しいのも、生活のために始めた家計簿も、節約料理も、むしろ楽しくなってしまったのも、星座のおかげなのかーと妙に納得してしまった。それにしてもこういう合コンにいくと妙に女ウケを狙ってしまって男にウケないもの星座のせいかと思ったら若干やるせない・・・。でも、かといって好かれたら好かれたで「私の生活を犯さないで!!」と逃げるんだから結局は同じか。

初恋素描帖 (ダ・ヴィンチブックス)

初恋素描帖 (ダ・ヴィンチブックス)

自転車のスピードで流れていく景色の向こうに、初夏の色の空を見ながら「あっ今がオレの青春かも」と思った。何年、何十年経って「あの頃」と呼ばれるものを思い出すとき、オレは木村に「平田のこと好きだろ!」と言われたこの瞬間を頭に閃かせるんじゃないだろうか、そんな予感がした。

ゆれる

ゆれる

西の魔女が死んだ [DVD]

西の魔女が死んだ [DVD]

幼い記憶が蘇った。そして私は今も、集団生活に馴染めないでいる。